2010年05月18日

「消費税上げ衆院選後」民主、参院選公約で調整(読売新聞)

 民主党のマニフェスト企画委員会(委員長=仙谷国家戦略相、高嶋良充党筆頭副幹事長)は16日、夏の参院選公約について、菅財務相ら関係閣僚と意見交換を行った。

 焦点となっている消費税率引き上げの表現については、次期衆院選後と明記する方向で、調整を続けることで一致した。5月末に公約を決定する方針だ。

 高嶋氏は会合の冒頭で、「国債発行の抑制と同時に、既存の事業を含めて総予算を組み替えることが重要だ」と述べ、政府側に公約実現のための財源捻出(ねんしゅつ)を求めた。これに対し、菅財務相は「財政危機にあるギリシャの状況を見ても、財政問題は深刻に考えないといけない」と財政規律の重要性を強調した。小沢環境相は環境税の導入明記を求めた。

マツダ井巻会長が退任、山内社長が会長兼務へ(レスポンス)
【風】「女の生き方」海外は?(産経新聞)
沖縄 平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)
挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める−民主・小沢氏(時事通信)
posted by カザマ コウイチ at 15:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうすぐ1年ベビーシッター奮闘記


あがりを克服する3つのポイントとは、

第一に、相手もあがっていると自分に言い聞かせること

第二に、自意識過剰にならず、自然体で接すること

第三に、意識して経験を積むようにすること。

この3つが大切です。

あがる人は「相手は落ち着いているのにどうして自分だけ
あがるのだろうか」と思います。

しかし、あがっているのはあなただけではありません。

「あがる」ことは人間の本能で、個人差はあるものの、誰でも
あがるものなのです。

また自意識が過剰になり、自分の発言がどのように受け取られ
るのかを気にしすぎると、何も話せなくなってしまいます。

友人との会話が弾むのは、自分を飾らず、自然体で話しているから。

初対面でも礼儀さえわきまえて自然体で話せばよいのです。
あがりを抑えることがわかったら、あとは経験を積むだけ。

「初対面の人と会うのは人脈を広げるチャンス」だと思って
自分から積極的に話しかけるようにすれば、初対面に対する
苦手意識が薄くなり、楽しく話せるようになるでしょう。


「あがり症」を克服できるスゴイ方法!
http://www.kireibast.sakura.ne.jp/agarishou/
Posted by sam at 2010年05月26日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。