2010年01月16日

羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)

 東京・羽田空港で14日午前に起きた新航空管制システムのトラブルは、プログラムのミスが引き金となり、負荷が大きくなって処理能力が追いつかずに起きた可能性があることが分かった。

 国土交通省によると、同日夕までに羽田発の便など24便が欠航、出発地への引き返しなども含めて計210便が乱れた。日本航空と全日空あわせて計約4900人に影響したという。

 この日は、羽田、成田両空港上空の空域を統合し、羽田で「ターミナルレーダー業務」の一括管制を始めた初日で、これに伴って切り替えられた「ターミナルレーダー情報処理システム」(ARTS)に障害が発生した。

橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練(産経新聞)
副大臣・政務官、15人増員へ(読売新聞)
「陸山会」土地疑惑で小沢氏元秘書の石川議員を再聴取(産経新聞)
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕−北九州(時事通信)
群馬の民家火災 6歳園児不明に言葉失う(産経新聞)
posted by カザマ コウイチ at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。