2011年05月09日

香港ディズニーランドの実態!?

9月12日、香港ディズニーランドが開院した。 東京都の反意面積しかない弾丸の土地の香港には、世界屈指の金融、貿易センターとしての機能現金化 仕組みが集約されている。 人間、商品、お金、情報の流れに敏感に反応して、金儲けで忙しい超現実的な毎日に追われる香港人は、この夢と妖術国をとても待たれるように考えていたのがまちがいない。 しかし、開院と共にその熱意は急速に冷めて、美しい夢は失望に変わろうとしている。 狭い、混雑している等の悪評ももちろん、その最大の原因は中国大陸からの観光客にあるようだ。 国内の報道によれば、ディズニーランドでは一部の大陸観光客による、傍若無人な喫煙、場所を分けないでうつ伏せになって横になる、上半身真裸になってすっきりした風に当たる、などの「非文明的な行為」が目立てば伝えられている。 香港のマスコミ(mass communication)は、大陸の観光客に占領されるディズニーランドは悲劇の開始だと嘆いている。

話す必要もなくて、すべての大陸観光客がこのような「非文明的な行為」をするのではなくて、香港ディズニーランドにおいては大陸の観光客も重要なお客さんだ。 しかし、海外渡航者クレジットカード現金化 違法が急増すると同時に、この種類の「非文明的な行為」に対する不平が頻繁に聞こえるのも遺憾ながら事実だ。 中国人観光客を積極的に受け入れている国や地域において、現地経済の活性化への期待感があるだけ、マナーやルール違反への対応が難しい課題になっている。 対応のとおりでは、マナー違反などつまらないのが、人種チャミョリナ民族感情に対する侮辱クレジットカード現金化 店舗に受け入れることができて、政治や外交摩擦に連結されることができなくないためにみな。

一方、調和社会の実現や世界との公営(共栄)共存を目標にする中国において、「滅公共奉や」の横行是正と、国民の教育水準やマナーブラックok 融資の向上が急務になっている。 傷害の新聞によれば、夜中2時に住宅団地で爆竹を鳴って、近所や警察で非難された住民が、「福建省の風習に従う理事祝儀金の、何が悪い」と反論したというけれど、これは「お金を払っているというために何をしても自由だ」と一緒に、マナー違反者によくある弁解であろう。 原田(原田)泰氏は「世相で探っていく日本経済」の中で、日本が経済大国として成功した理由の一つとして、「人々が他人の利益を害することなくて自らの利益を最大でするように努力してきた」クレジットカード現金化 詐欺と分析している。 北京オリンピックや傷害エキスポの会長で「香港ディズニーランドの悲劇」を繰り返さないためにも、ぜひこの指摘を参考にして望むことだ。
posted by カザマ コウイチ at 14:58| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。